メニュー

気管支喘息

気管支喘息とは?

アレルギーやウイルス感染などにより、気道が炎症を起こして狭くなる疾患です。

症状

発作的に気道が狭くなり、呼吸困難、咳や喘鳴(呼吸でゼーゼー、ヒューヒュー音がする)などの症状が出ます。

診断

胸部レントゲン、肺機能検査、採血などで診断します。

治療

主に吸入薬を使うことにより、発作的に気道が狭くならないようにして、喘息がない人と同様の日常生活を送ることを目指します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME