メニュー

呼吸器内科

呼吸器内科とは

呼吸器内科では、肺や気道等に関する疾患を扱います。
咳や痰などの症状について、診断を行って適切な治療を行います。「単なる風邪だと思っていたら、実は喘息だった」というケースも見受けられます。咳が長く続いているだけ、という軽い認識で、その背景にある肺癌・慢性気管支炎・肺気腫といった重大な疾患が進行している場合もあります。特に咳がなかなか治まらない、「ゼーゼー」という呼吸をする、少し歩いただけで苦しい、胸のあたりが痛いなどの症状がある方は、気管支や肺などに異常がある可能性があります。
また、タバコを吸われる方は、呼吸器疾患のリスクが高くなります。

 

次のような症状がある方は受診してください

  • 咳が止まらない、長引く
  • 痰が絡む、切れない
  • 息切れしやすい
  • 風邪をひきやすい、治りづらい
  • 咳で目覚める
  • 眠れない
  • ぜーぜー、ヒューヒューなどの呼吸音がする
  • 喘息といわれたことがある、身内に喘息の人がいる
  • アレルギー体質である
  • 花粉症である
  • 喫煙者である、過去にタバコを吸っていたことがある    

      

 

 

気管支喘息

気管支喘息とはアレルギーやウイルス感染などにより、気道が炎症を起こして狭くなる疾患です。発作的に気道が狭くなり、呼吸困難、咳や喘鳴(呼吸でゼーゼー、ヒューヒュー音がする)などの症状が出ます。胸部レントゲン、肺機能検査、採血などで診断し、主に吸入薬を使うことにより、発作的に気道が狭くならないようにして、喘息がない人と同様の日常生活を送ることを目指します。

 

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPDとはタバコの煙などの有害物質を長年吸い込むことによって、気管支や肺に障害が起こる疾患です。風邪はひいていないのに咳や痰がつづく、階段をのぼる時に息切れがするなどの症状からはじまります。治療せずにそのままにすると、息切れの症状がだんだんひどくなっていきます。胸部レントゲン、肺機能検査などで診断します。現在タバコを吸われている方は、卒煙を目指します。当クリニックの禁煙外来でもお手伝いできます。主に吸入薬を使うことにより、病気の進行にブレーキをかけます。

 

 

SAS(睡眠時無呼吸症候群)

SASとはメタボリックシンドロームなどが原因で睡眠時に上気道が閉塞し、呼吸が浅くなったり止まったりする疾患です。睡眠時のいびきや無呼吸の指摘、中途覚醒、日中の眠気、熟眠感の欠如、起床時の頭痛や口渇や肩こり、夜間頻尿、生活習慣病のコントロール不良などの症状が出ることがあります。

夜間の睡眠状態を調べるために、まずは簡易型睡眠検査をご自宅で行います。簡易検査で睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合、精密検査の終夜睡眠ポリソムノグラフィ(PSG)検査をご自宅で行い、確定診断を行います。軽症の場合はマウスピースによる治療を行い、通院の必要はありません。重症の場合は睡眠時にCPAP(経鼻的持続陽圧呼吸)装置による対症療法で症状の改善をはかり、月に一回の定期通院で継続的に睡眠状態の評価・治療を行います。

 

 

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME